webサイト翻訳ツールの導入法は?

webサイト翻訳ツールは意外と簡単に導入できる!

webサイト翻訳ツールの導入と聞くと何かしら難しいイメージを思い浮かべるかもしれませんが、実際には結構簡単にできます。まず、webサイト翻訳ツールを提供しているURLにアクセスします。ここにはwebサイト翻訳ツールについての説明が分かりやすく書かれていますが、ページをスクロールしていくと下の方にいますぐ追加すると書かれたリンクがあります。このリンクをクリックするとサイト情報を入力するページに飛ぶので、そこでwebサイト翻訳ツールを取り入れたいサイトのURLを貼り付けて元々の言語を設定します。次にプラグイン情報を設定するページに移動し、翻訳先の言語と縦横の表示モード、その他バナーなどの詳細な設定を決めていきます。たったこれだけでwebサイト翻訳ツールを導入することができるのです。

より使いやすいように設定をカスタマイズしよう!

webサイト翻訳ツールを導入する場合、自分で設定をカスタマイズすることができます。これによってもっと使いやすくしたり、より専門性の高い内容にも対応できるようにすることが可能になるのです。例えば、翻訳先の言語を決める際、デフォルトの設定ではwebサイト翻訳ツールが対応している全ての言語が指定されています。しかし、詳細設定画面で英語や日本語など特定の言語にチェックを入れることによって、その言語のみを翻訳先の言語として指定できるのです。これによって翻訳する際にいちいち翻訳先の言語を指定する手間を省くことが可能になり、翻訳時間の大幅な短縮につながります。ちなみに、設定画面にはプレビュー表示機能も搭載されており、選んだ設定を実装する前に具体的にどのような表示画面になるのかを確認することができます。