業界や分野の専門性は?

翻訳は機械任せでも大丈夫?

最近の機械翻訳の進歩は非常にめざましく、ちょっとしたニュースやチャットの内容なら簡単に翻訳できてしまいます。もはや私たちは、いちいち辞書を引いたり、外国語を専門的に学んだりする必要はなくなったのかもしれません。しかし、それではWebサイトも機械翻訳任せにしてしまっていいのでしょうか?以前から、役所のWebサイトなどがとんでもない誤訳のままで放置されていたことがあったり、鉄道の駅名などが誤訳されていたことがありましたが、これらはすべて機械翻訳に任せきりにした結果でした。しかし、外国語に精通した、さらに安価に発注できる専門家を雇うのは、そう簡単なことではありません。それではWeb翻訳に最も適した方法とはなんでしょうか。

やっぱり専門家に見てもらおう!

最近は機械翻訳で訳した結果を修正するポストエディットという方法で翻訳にかかるコストを削減する会社も増えてきましたが、原文の正しさが保証できない以上、機械では「なんとなく」の訳文しか作れないのです。ただし、英語を日本語にする場合であっても、日本語を英語にする場合であっても、原文が正しい文章でなければ、機械翻訳で正しく訳すことは困難です。また、使用頻度の低い専門用語は、機械ではどうしても訳せないことが多いのです。一度機械で訳した不正確な文章を修正するくらいなら、最初からWeb翻訳を専門に請け負っている専門家に依頼するのが、一番の近道なのです。どの翻訳会社にも、医療専門やIT専門など、それぞれの得意分野があります。学位をもった翻訳者などを多数抱えている会社を選ぶとよいでしょう。